占い・おまじないコラム〜クレッセント☆ムーン〜 占い・おまじないコラム〜クレッセント☆ムーン〜
TOP 占い名鑑 癒し月 占い広場 占いナビ
占い広場 >> 占いコラム >> 【タロット 〜大アルカナの意味とその面白さ その4〜】 脇田尚揮


【タロット 〜大アルカナの意味とその面白さ その4〜】 脇田尚揮
こんばんは。もうすぐ新月。今夜は静かな夜です。
こんな夜は、心を落ち着けて読書を楽しみたいものです。

さて、それではタロットの残りのカードの意味について書いていきますね。


XVII.星 THE STAR

このカードは、一からやり直そうとする時の、一筋の「希望」の光を表しています。「多くの可能性」を象徴します。「明るい未来」、「成功への手がかり」などを意味しますが、「変わり者」、「夢ばかり追う」という意味合いも含んでいます。タロットをしていて、よく目にするカードです。高い理想は素晴らしいのですが、現実とのギャップをどう調整するか、それが課題かもしれませんね。

XVIII.月 THE MOON

一筋の希望の光では不安で、不気味な夜が続いていることを表すカードです。不安を抑えるために「幻想的」な月の明かりを求めることを象徴します。「ストレス」、「情緒不安定」、「不安」などを意味しますが、他方、「過去の経験で成長」というニュアンスもあります。満ちては欠け、欠けては満ちる神秘性から、月はよく女性に例えられますよね。「女心と秋の空」ならぬ、「女心と夜の月」といったところでしょうか(笑)

XIX.太陽 THE SUN

これは、やっと夜が明けて、これからの未来を約束することを表すカードです。充電されていた「エネルギーを全開」し、進んで行こうとすることを象徴します。「人に恵まれる」、「人の上に立つ」、「日の目を見る」などの意味のほか、「働きすぎ」のニュアンスも含みます。人間の年齢で言うと「喜寿」といったところでしょうか。「太陽」のような笑顔のおじいちゃん、おばあちゃんが思い浮かびます。

XX.審判 JUDGEMENT

今まで歩んできた人生を、神の判定にゆだねる時が来たことを表すカードです。神の使命に目覚めることにより、さらに幸福な「審判」が降りることを象徴しています。「目覚め」、「復活」、「信念の勝利」を意味しますが、「疑い」や「執念」の意味合いもあるカードです。80歳になり、今までの自分の人生を振り返るというニュアンスでしょうか。どんな気持ちなのでしょうね。ちなみに私は、今までの人生を振り返ってみると「恥の多い人生」です(笑)

XXI.世界 THE WORLD

このカードは、神の審判を受け、目的が成就することを表しています。完成された終結の後は、生まれ変わって、別の人生を完成させなければならないことを象徴します。「完成」、「目標の達成」、新たな「高みへの出発」を意味しています。一方、「完全を求めすぎる」、「理想が高すぎる」という意味合いもあります。人がその人生を全うした先に何があるのか、それは生きている私たちは誰も知らないことです。しかし、このカードは「生まれ変わり」を暗示しています。輪廻転生は本当にあるのかもしれませんね…。


これで、22の大アルカナについてのだいたいの意味はおしまいです。0.愚者(幼児)から始まり、21.世界(死と再生)に終わるタロットカードは、まるで、人生において人間が直面する悲喜こもごもを表しているようです。


タロットには、カードの出かたで、正位置(正面向き)と逆位置(逆さま)があり、それぞれが正反対の意味を持っています。

あたかもシェークスピアの戯曲「マクベス」の一説「きれいはきたない、きたないはきれい」であるかのように、一枚のカードが表裏一体の意味合いを帯びているわけです。これこそが、タロットカードの面白さであり、ドラマなのではないかと、私は思います。


タロットカードの大アルカナの意味についてのコラムは、今回で完結です。次回はまた別の観点からお話させてくださいね。

次回からは西洋占星術(星占い)についてのお話です。

それでは、皆さん、よい夜を…。


脇田尚揮先生の所属する占いサイト
ヒーリングサロンJuno

back


サイトマップ占い師さん大募集メールマガジンバナー広告についてリンクについてこのサイトについて
Copyright(C)2003-2011 占い情報 占い師・占いサイト検索 クレッセント☆ムーン All rights reserved.